ミカサ 結婚: この背後にある真実を明らかにする

ミカサ 結婚

進撃の巨人といえば、国内外で大人気の作品ですよね!

アニメ進撃の巨人』が2023年4月7日より放送開始されました! それからずっと続いていて、ついに2023年3月3日に「進撃の巨人 Final Season 最終章」が放送されました。

すでに2021年9日発売の「別冊少年マガジン5月号」で漫画は最終回を迎えており、「ミカサ 結婚!?」ファンとしては意外な話題なので、ぜひ注目してほしいです! 結婚したのは本当なのか、本当の結婚相手は誰なのか調べてみましょう!

進撃の巨人無事完結しました

進撃の巨人無事完結しました

約11年半の連載を経て、無事最終巻を迎えた『進撃の巨人』。

山積みの伏線、衝撃の展開の数々、そして植え付けられた絶望――。

たとえ最終回を迎えても読者はトラウマを抱えてしまうだろう。

最後に不快な思いをしたのはミカサのことが気になるのは私だけではないと思います。

ミカサはエレンとともにパラディ島へ行く

ミカサは地ならしを止めるため、そして愛するエレンを止めるため、自らの手でエレンを仕留める決意をする。

結局エレンの首を斬ったのはミカサでした。

第一話ではエレンが眠っていた木に埋もれており、ミカサはずっとエレンと一緒にいるようでした。

ミカサは孤独で、マフラーが溶けた時、再びマフラーを撒き散らしたのは鳥に転生したエレンだった。

その後、ミカサは子供と夫らしき人物を連れて行きます

ミカサはいつもエレンのお墓を訪れ、大好きなエレンと話していたようです。

エレンはそれだけで嬉しかったのでしょうが…。

しかし、突然子供を連れたミカサが現れ、その後ろにはどこか見覚えのある襟足の男の姿があった。

こいつは……まさか、ジャンだ……。

ミカサ 結婚: 最終回でミカサが結婚したって本当ですか?

エレンを愛するミカサが予想を遥かに上回る進撃の巨人最終回で結婚! ? という噂が広まっています。

ミカサのエレンに対するちょっと狂った愛が功を奏したのか? と思いましたが、エレンはミカサに殺されたので結婚相手はエレンではありません。 噂の相手は同期のジャンらしい。

最終回でミカサが結婚したって本当ですか? ジャンが結婚相手?

ミカサの結婚相手がなぜジャンなのか?

漫画34巻での描写です。

こちらはエレンのお墓に花を手向けているミカサで、男性も子供を抱いてミカサの肩に手を置いています。 この男は身長が身長、髪が身長と言われ、「これはジャンだ!」と言う人も多い。 つまり、相手が誰であろうとミカサは既婚者なのです。

次のページには、ミカサ、ジャン、子供たち、孫たちがエレンのお墓を訪れるシーンや、ミカサがそのスカーフをかぶって棺に入る最後のシーンも描かれています。

最後までエレンを想い続け、長生きしてくれて幸せだという感謝の気持ちが伝わってきます。

ネット上では「ミカサがエレン以外と結婚するわけがない!」「本当にミカサとジャンなのか!?」といった声が上がっている。 「それは無理だ!」 「ミカサにはエレンと結婚してほしかった!」 間違いなくミカサとジャンだと思います。 私がそう思う理由は2つあります。

  • ジャンはミカサに一目惚れし、それ以来ミカサのことを気にかけ続けます。
  • エレンはミカサやジャンたちに自分たちが誰よりも大切で長生きしてほしいと告げる。

ジャンはミカサに一目惚れした

初めてミカサを見た彼は思わず声をかけてしまいます。

ジャンがミカサに一目惚れし、思わず声をかけるシーン。

ジャンはとても積極的なタイプなので、自分のタイプの人を見つけて話しかけると思います。

しかしその後、エレンとミカサが親しく話している場面があり、その表情は大きな絶望の表情を浮かべていた。

ジャンがミカサに一目惚れし、数分で失恋を経験するシーン。

これは悲しいことだ! まるで少し前に恋に落ちたけど、すぐに失恋したような(笑)

エレンはミカサやジャンたちに自分たちが誰よりも大切で長生きしてほしいと告げる。

エレンがミカサとジャンに想いを伝えるシーン

この言葉からは、エレンが大切な人や自分の未来を守ろうとしていることが分かります。

ジャンとミカサは多くの仲間が亡くなりながらも最後まで戦い抜きました。 ジャンは最初からミカサに想いを寄せていたので、エレンが亡くなった後もジャンはミカサをそばにいて支えてくれましたよね? そう考えるとミカサとジャンが結婚してもおかしくないですね。

この子も3歳児くらいの大きさに見えます。 これが数年後の描写だとすると、エレンが死んで割とすぐに結婚して子供が生まれたのかな? それは想像できるでしょう。 自分たちを生かしてくれたエレンの気持ちを無駄にしないために、急いでエレンとの新たな生活を始めたのかもしれない。

アニメではどのように表現されるのかとても気になります! ! 進撃の巨人の最終回を漫画で知ったとしても、アニメを見ずにはいられない!

ジャンの妄想の中にミカサに似た女性はいるのでしょうか?

最終話ではエレンが地ならしを発動し人類を救います。

こうして彼女はパラディ島の住民全員を救ったので、ジャンとミカサを含む調査兵団は名誉と名誉と賞金を得た。

ジャンはそうやって人を虐殺して人類を救っているから良いだけだけど、アルミンのようにエレンを止められる人もいる。

ジャンもエレンを止める側だったが、正直エレンが全部やってくれた方がジャンは楽だった。

土工事が成功すれば、ジーンは安全な生活を送り、裕福な家を手に入れ、夢である家庭を築くことができるので、ニヤニヤが止まりません!

しかも妄想の中ではミカサに似た女性と結婚して家と家庭を築いていたのでさらにニヤニヤしてしまいました。

ジャンは戦争状態にある間、そんな妄想をかなり気にしていたらしい!

ジャンのミカサへの想いは、そんな困難な戦いの中でも変わっていないことが判明。

その後のことを考えると、ジャンはエレンを失ってミカサが元気を失っていくのを見るのが耐えられなかったのでしょう。

彼女が生きている限り、私は永遠に彼女のためにそこにいたような気がします!

まとめ

世界を、仲間を、そしてエレンを救うため、ミカサは自らの手でエレンを倒すことを決意する。

その後、エレンと共にパラディ島に戻り、寂しさを感じながらもゆっくりとした時間を過ごしていた。

エレンを一途に想い続けるミカサの前に、突如男の影が現れる。

影だけでなく子供まで登場しており、相手は同じく調査兵団のジャンである可能性が極めて高い。

ジャンは初めて会った時からミカサのことが好きで、地ならしが発動した最終局面でもミカサ(っぽい女性)と暮らすことを妄想していた。

エレンを失ったミカサを見守り、少しずつ元気を取り戻したのはジャンだったのかもしれない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *